体にいい

伊勢えびはどうして生で食べるの?

多くの海の幸の中で養殖が難しく、旬の時期に漁獲する海の幸の一つに伊勢えびがあります。
伊勢えびはとても高級品として知られています。
なぜなら一匹当たり最低でも5000円近くし高いものであれば1万円近くしてしまいます。
なのでいつでも手軽に食べられるというわけではありません。

さらに伊勢えびは、熱帯域に生息し、日本では房総半島より南の地域の浅い海でしか漁獲することができません。
そしてとてもデリケートな生き物なため、ストレスなどで自害したり、自分の足を切ったりするといった行為をします。
そういったものは鮮度や見た目で価値が下がり商品化できないものが多いです。

このような伊勢えびを、もし食べるとしたらどのような方法で召し上がりますか?
昔は、干し物として食べられた時期があったようです。
しかし日本人の多くの人は、新鮮なものであれば名まで食べたいと思う人が多いのではないでしょうか。

伊勢えびを生で食べるのはとても贅沢な方法です。
新鮮なものを入手するのも難しいためとても高いです。
伊勢えびを生で食べるのには、やはり生でしか味わえない食感やうまみがあるからだといえます。

伊勢えびはう美の中でも体長が大きいのが特徴です。
そのため普通の海老では感じられない多くの食感を味わうことができます。
時に身が引きしまっているため、ぷりぷりとした食感を感じられます。
これは甘エビなど小さな海老では感じることは難しいでしょう。

そしてもう一つは甘味です。
生の状態であればうまみはどこにも逃げることなく味わうことができます。
プリッとした食感とともに感じられる甘みは、伊勢えびならではの特徴の一つです。

伊勢えびを高級した場合、冷蔵の場合でもう生きていなければ、12時間以内に食べなくてはいけません。
生きてい届いた場合は、24時間以内と鮮度が限られているため、とても贅沢な食し方です。
高級品だからこそ一番贅沢な食べ方をしたいと思うのではないでしょうか。

さらに伊勢えびは多くの人がお祝いの食事として使用します。
そんなお祝いの席に伊勢えびのお頭を添えると、よりお祝いの席が豪華になります。
また長い海老の触角が長寿を表す縁起のいいものでもあるため、とてもお祝いの席にはふさわしいといえます。
これらのことから伊勢えびは、生のまま好んで食べられる要因であるといえます。

このページの先頭へ