体にいい

伊勢えびは生で食べても体に悪影響はないの?

伊勢えびは昔から食されている食材です。
熱帯域の浅い海にしか生存していないため、日本では房総半島から南の地域でしか漁獲できません。
さらに9月から12月までしか収穫することができない旬の食材となります。

そのため収穫時期になると、収穫量が多い地域の宿泊施設では伊勢えび料理がメインデッシュになることが多いです。
それを目的として多くの人が観光地をおとづれます。

とくに伊勢えびは三重県の魚として認められています。
なので伊勢で伊勢えびを食べに行く人は多いでしょう。
しかし日本電御漁獲量が一番多いのは千葉県です。
その次に多いのが三重県で、次に静岡県が多く漁獲されています。
これらの地域では旬の時期にあると、伊勢えびでもてなされます。

伊勢えびのレシピで一番多いのが、何といっても生で食べるということです。
伊勢えびといったらお造りというほど、生で食べる場合が多いです。
伊勢えびは生で食べるのが一番栄養素を多くとることができます。
なぜならうまみ成分であるタウリンなどを一番多く摂取できるからです。

タウリンは疲労回復に効果があり、栄養ドリンクなどによく含まれている成分です。
またカロリーも低く脂肪分少ないため、とても健康食品です。

そして伊勢えびの食感やうまみは生で食べるのが一番感じられます。
なので伊勢えびは生で食べるのが一番好ましく、なおかつ栄養素を多く摂取することが可能です。

そのほかにはボイルやグリルといった方法の調理法があります。
ボイルするとどうし手もうまみ成分が外に出てしまう可能性があります。

しかし生で食べる場合気をつけなければいけないことがあります。
それは保存状態です。
伊勢えびはとてもデリケートなので、ストレスを感じると自分の足を切ったり自害してしまいます。
死んでしまっている場合、鮮度が落ちてしまうため12時間以内でなければ生で食べれません。
生きている状態でも24時間以内に生で食べるのが好ましいとされています。

今で水あげされてすぐ瞬間冷凍されたものもあります。
そういったものは解凍後同じようにすぐさばいて生で召し上がりましょう。

このページの先頭へ